笑顔の医者達

過食症とは

摂食症について聞いたことがある方は多いでしょう。
摂食症は食事を行う量が通常とは違う病気です。
食事を行う量が違うといっても、例えば食事を極端に受け付けられない場合や、極端に食事を行ってしまう場合のことを指します。
摂食症は精神的なものが深く関わっている病気です。
現代医療の中でも治すことが難しい部類の病気に入るともいえます。
しかし完全に治すことが出来ないというわけではありません。
病院や周りのサポートによって摂食症を治療し、症状が改善していった方も多く存在します。
治療を行うためには摂食症についてしっかりと知り、しっかり病気と向き合って治療していく必要があるのです。

摂食症には過食症と拒食症というものが存在します。
ここでは過食症について説明しましょう。
過食症は中枢性摂食異常症と呼ばれる部類に入る病気です。
この病気は薬だけでは治すことができません。というのは様々な合併症が存在し、精神的な部分も大きく関わってきているからです。
過食症は単に食べ過ぎの問題ではありません。過食は基本的に一度食べだすと途中で止めることが出来ず、時には自分で吐いてしまうような症状が起こります。
主な原因としては精神的なものがとても強く、強いストレスから過食症になってしまうことが多いのです。
人はストレス発散法として、やけ食いを行う場合があります。
過食症はやけ食いが更に酷くなってしまい、体が食物を受け付けなくなってっしまったとしても、嘔吐してしまうまで食べ続けてしまうのです。

治療を行うには

摂食障害を治療するためには、ただ薬をもらえば良いわけではありません。摂食障害は様々な症状が合併して発症しているので、様々な医療を利用して利用を行う必要がでてきます。

合併症である

拒食症街は合併症の一つです。そのために治療を行うには様々な医療機関を利用することになります。摂食障害専門の相談センターも一緒に利用し、過食衝動を少しづつ無くしていくようにしていきます。

病気を受け入れる

摂食障害を治療するにあたって一番重要となるのは、自分が病気であることを受け入れることです。摂食障害は精神的なストレスが原因で発症することがほとんどです。病気であることを受け止めることで効果的に治療ができます。

適切な病院を探す

摂食障害の治療を行う際にとても重要であることが、治療を行う病院を探すことです。精神的な部分が強い病気ですので、自分と相性の良い病院で、かつしっかりと治療を行ってくれる病院を探すことがとても催事なのです。